債務整理による借金減額のデメリットは?

借金を返すのが現実的に難しいと判断した場合には、債務整理をするという方法も一応あります。
こういった法的手続きにはデメリットもあるので、しなくて良いならしない方が良いとは思いますが、場合によってはそれ以外で借金の問題をどうにかする術がない場合もあるのです。

したがって、どんな場合に債務整理をすべきか?という決め手が問題になります。

1番やるべきなのは今の収入を今後維持したとして、どれだけ毎月借金返済に充てられるか?
そして、その金額を毎月返済していける場合に、借金の総額は徐々にでも良いから減っていくのか?
という計算や予測をしないといけません。

それによって少しずつでも借金の総額が減るならば、デメリットのある債務整理よりは返済の継続の方が良いかもしれません。

自分が可能な毎月の返済額では、利息によって借金の総額が増え続けてしまう場合、全く全額返せる見通しが立たない場合には、毎月の返済金額をもっと増やせないか?

再度考えてみて、それでもダメならば最終的には債務整理とデメリットを比較して、考えてみても良いかもしれません。

手続き自体は希望しても絶対に可能とは言えないものの、自分でやる意思がないと絶対に行えませんから。
借金を完済に向けて減らしていけるのか?
無理なのか?

その判断が特に重要ということになります。
詳しくはこちらのページを参照して下さい。

参考:債務整理のデメリット|手続き別デメリット一覧

債務整理のメリットとデメリット

債務整理には、次の4つの方法があります。

  • 自己破産
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生

債務整理のメリットは借金減額

それぞれに異なる法的な借金返済方法ですが、中でも自己破産は全ての債務が帳消しになる最終手段となります。
それ以外の方法は、内容は違っていても、基本的には毎月分割で支払いを行っていくことには変わりありません。

共通した債務整理のメリットと言えるのは、利息制限法での金利引き直しを行うため、現在の借入残高が圧縮される点です。
そして引き直し後の残高を分割返済していくことになりますが、弁護士に任意整理を依頼すると、殆どの場合、将来利息が掛からないというメリットもあります。

自分自身で特定調停などを申し立てても、最近は金融業者から引き直し後の残高一括返済を請求されたり、将来利息のカットを拒否される事例が相次いでいますので、整理の方法でメリットが得られなくなる点には注意が必要です。

弁護士に依頼した場合は、その時点で金融会社からの督促がストップするのも、精神的に大きなメリットを言えます。

債務整理のデメリットでクレジットカードが使えない

どの方法にも共通して言えるのは、いわゆる金融ブラックになる点で、クレジットカードが使えなくなってしまいます。
借りたお金を返さない、あるいは減額させるわけですから、これは仕方ないことです。

信用情報機関のシステムによって異なりますが、その期間は約5年~10年程度と言われています。

借金して返済が上手く行かなかったのですから、しばらく借入なしで生活しなさいという事ですね。
自己破産は、債務が帳消しになるだけに、他にも色々な制限があります。

債務整理のデメリットで住宅ローンが組めない

住宅ローンも同様で、ブラックリストに登録されると組めなくなるデメリットがあります。
消費者金融やクレジットカード会社の借金だったとしても、国内の信用情報機関は事故情報を共有しているので、全て筒抜けになってしまうのです。

債務整理のデメリットで車が処分される?

車の処分が必須なのは、自己破産した場合のみです。
それ以外の方法では、必ずしも車を処分しなければならないデメリットはありません。
自動車ローン等は、ブラックリストに登録されるので組めなくなってしまいます。